忍者ブログ
[104]  [103]  [102]  [101]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一定のテンポで弾く練習。
このときに使うのがメトロノームです。
その“使い方”について書いてみようと思います。

<一定のテンポで弾くことの大切さ>とは何か?
練習曲なら、指のコントロールの証明。
一般曲なら、曲完成への足がかり、とでもなるのでしょうか。
とても大切な練習であることには、間違いないと思っています。

一定のテンポで弾くことは、かなり難しいです。
得意な部分は速く、苦手な部分はゆっくりになってしまいます。
そんな問題を気づかせてくれるのがメトロノームでした。

このメトロノームを使う練習を変えてみました。
以前は<常にメトロノームを鳴らして弾く>
現在は<出だしだけ鳴らして、残りは自分で数えて弾く>

結果ですが、効果に違いを感じました(あくまで、自分の感覚です!)
前者では、拍に合わせるように弾いていました。
後者では、伴奏の役割を感じるようになりました。
メトロノームを止めて弾こうとすると、明確な違いが出てきました。

前者では、左右の打鍵が合わない部分がチラホラ出ます。
後者では、打鍵のタイミングが合いながら弾くことが出来ました。
この違いは何だったのか?を考えてみました。

前者は、拍をメトロノームで取っており、自分でテンポを感じていませんでした。
メトロノーム頼りなため、これが無くなると急に揺れ出してしまいます。
その結果、左右のテンポバランスも微妙に狂っていたのだと思います。

後者は、伴奏の流れでテンポを作り出せたのだと思います。
メトロノームを出だししか使わないので、あとは自分で拍を感じるしかありません。
そこで意識したのが伴奏で、それがテンポの基準となりました。
結果、メトロノームが無くても、テンポは伴奏を使って維持できるようになりました。

メトロノームを使うのは、前後者とも同じです。
ただ、使い方を変えただけで、結果に違いが出た!と感じたのは興味深かったです。
これからも、いろいろ考えながら、練習に取り組みたいと思います。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
kumori326
性別:
男性
自己紹介:
ピアノ再開組です!
のんびり練習しています。

ご意見などがありましたら
kumori326@yahoo.co.jp
までよろしくお願いします。
ピアノリンク
最新コメント
[08/18 http://badpage4405.jimdo.com/2015/06/26/hammer-toe-triggering-pain]
[06/17 hermes kelly handbags fake]
[12/14 yu-ki]
[11/10 yu-ki]
[11/08 EKKO]
[11/07 dyne]
[11/06 yu-ki]
[11/06 ruvhana]
[11/06 KA-TSU]
[10/06 かは]
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Copyright © 趣味のピアノ All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]